個々の成長とベルシステム

個々の成長とベルシステム

ベルシステムのような電話代行サービスと私達消費者の接点とは何でしょう。

多ジャンルにおいてその業務を行っている代行業ですが、思い付きやすいのは小売店などのお客様相談センターなどのコールセンターではないでしょうか。

委託で行われていることが多い相談センターですからもちろんベルシステムが受け持っている仕事の一つでもあります。

相談センターでは商品への疑問や食品であればアレルギー関連の質問、商品への問題点提起や返品要求など様々です。

私が凄いと思うのは、第三者であるベルシステムのような代行業がデリケートな問題をお客様から直接聞き、それを分析、報告することで正しく、そして有効に消費者の声を活かしてくれているということです。

仕事をしていると目の前のことに追われ忘れがちな、言ってもらえることの有難さをベルシステムは常に忘れていないのではないかな、と思います。

代行業だけではなく私生活においても、悪いことを悪いと注意してもらえることは人として成長する為にも必要なことで、それが企業や小売店などの利益を求める立場になれば尚更でしょう。

それをないがしろにせず上手に橋渡しをしてくれる代行業は、これからの時代どんどん増えていくのではないかな、と思いました。

ベルシステムと相手の気持ち

全サービス業において言えることは、まず相手の立場に立って考えることが大切だと私は思っています。

電話代行サービスを行うベルシステムでもそれは当てはまります。

相手の立場に立つ、と簡単に言っても実際には他人同士、とても難しいもの。

子供のころから言い聞かされてきた人も多い言葉でもあると思います。

相手の見えないベルシステムのような電話対応の際、どうやって相手の立場に立つのでしょう。

人はどうしても見た目から相手を判断することが多く、声だけで初対面でもあるお客様の気持ちを把握するのはとても難しいです。

マニュアルを守るだけや言われたことに答えるだけでは段々と行き詰ってしまうことでしょう。

どうしたらいいのか、自主的にその答えを常に探りお客様の声を注意深く聞き、一言一句大切にしようとすることで徐々に相手の気持ちを把握する術が見えてくるのではないでしょうか。

ベルシステムの特色

ベルシステムのような会社なら、常に成長し続けなければニーズに答えることは難しい、だからこそ人として、他人の気持ちを少ない情報から拾いあげ自主的に勉強する姿勢を学び続けることが出来るのではと私は思います。